top of page

双極性感情障害で450万円の支給決定となった事例


相談事案

ご相談様は執行役員として勤務していましたが、長時間勤務、経営上の高度の仕事で双極性感情障害と診断されました。

しかし執行役員のときに受診した医療機関の証明書に「大学院時代からパニック症状があった」と記載があったため、初診時誤りの判断で不支給決定がありました。

そこで当社になんとかならないものかとご相談にきてくださいました。


当社でのサポート内容と結果

大学院時代のパニック障害は継続しているのか?という点が課題となった事例でしたが、当社で過去の保健室カルテを探し出して「良好にて終診」を見つけました。

大学院時代のパニック障害が一度治癒している証拠となり、審査請求により逆転し、450万円の支給決定となりました。


コメント

この事例のように、一度不支給になってもあとから覆せることもあります。

不支給決定に納得がいかない方も、ぜひ一度ご相談ください。

関連記事

すべて表示

併合申請(精神疾患と肢体障害)で障害年金1級が認定された事例

相談事案 うつ病で障害年金2級と診断されていたが、寝たきり状態となり身体が痛みだしたとのご相談でした。 当社でのサポート内容と結果 精神疾患と肢体障害の併合申請として対応しました。精神疾患に加え繊維筋痛症の診断書を提出した結果、障害年金2級が障害年金1級となりました。 コメント 併合申請は特に個人でやるには難易度が高いケースです。このような場合も当社でスムーズに申請いたしますので、ぜひご相談くださ

併合申請で障害年金1級に認定された事例

相談事案 緑内障にて右眼失明、左眼の視力低下による障害年金申請依頼でした。さらに問診で、糖尿病、心臓疾患の疑いがありました。 当社でのサポート内容と結果 当社で申請をお手伝いし、併合請求により2級の障害年金が1級に認定されました。 コメント 併合申請は特に個人でやるには難易度が高いケースです。このような場合も当社でスムーズに申請いたしますので、ぜひご相談ください。

Comentarios


bottom of page